Beauty and the Beasts

ただいま公開されて1週間半。

ものすごい反響を呼んでいる美女と野獣

私も見に行ってきました!

ということで、忘れないうちに感想を。

 

美女と野獣」(2017年/米)

→ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?(ディズニー公式HPより)

 

 

※以下ネタバレを含みます

 

 

いや、もう正直に言うと、「どうせ集客目当ての映画でしょ〜」なんて思ってたんですけど…

 

最高でした………

 

観る前の自分を殴りたいくらい、もっと期待していいぞバカ野郎!とケツを蹴りたいくらい、よかったです。

アニメ版に忠実ながら、原作部分を独自に取り込んで、ベルとビーストの関係の移り変わりを繊細に描いていたというか。

歌も画も豪華すぎてくらくらするというか。

衣装もメインキャラはアニメ版に忠実ながら、一新されててワクワクしたというか。

とにかく幸せな映画でした。

 

見所がありすぎて感想に困るくらいなんですけど、特に言うならルフゥが本当によかったですね。

ルフゥに関しては、ディズニー史上最大の賭けといっても過言ではない気がします。

実際ルフゥがゲイであることによって、いくつかの国では上映が禁止されたそうですね。

しかし、これだけ世界が多様化に対して敏感になっている中、アニメ界の最大手のディズニーがはっきりと描いてくれたことは、1つのターニングポイントになるに違いありません。

そして、その重要な役を射止めたのは、アナと雪の女王でオラフ役を演じたジョシュ・ギャッドです。

私が初めて彼を見たのはNew Girlというドラマでだったのですが、「とんでもない印象を残してきやがる…」と密かに思っていた役者さんだったので、ルフゥをどんな風に演じているのかとても楽しみでした。

アニメ版では完全に脇役としてしか描かれていませんでしたが、キュートで明るくて、根がとても優しい善人として描かれており、ルフゥファンになった人は数知れずなのでは?と思います。

期待を裏切らないジョシュの演技と歌に、「いよっ!」と拍手を送りたくなったのは私だけではないはず。

今後のジョシュの活躍から目が離せないなあと改めて思いました。

 

また、アニメ版と実写版では明らかに異なる点がいくつかありますが、その中でもやはり、ベルとビーストの関係の変化をじっくりと描いてくれたのは嬉しかったです。

どうして彼らが惹かれ合ったのかだとか、ビーストの過去やベルの母のことなど、追加部分がこれまた憎いくらいによい。

アニメ版より分かりやすく、そして素敵な物語になっていました。

 

新曲もほんと、ほんっっっと最高で…

劇団四季で初めて聞いて「なんじゃこの曲は!?」と感動したEvermoreが入っていたのには涙が止まらず。

他の新曲もどれも名曲で…アラン・メンケンまだやりおるかと白目を剥きそうでした。

キャストもなかなかの歌唱力でしたね。

ハーマイオニー歌えたんや…みたいな。

個人的にはルーク・エバンスに驚きました。

バルドさんめっちゃ歌えますやん…すごいですやん…

 

しかし、美女と野獣といえばBe Our Guest。

これは絶対に譲れないBe Our Guest。

あの名シーンをどう再現するのかと気になっていたのですが、ユアン・マクレガーありがとう。

ユアン・マクレガー、最高のルミエールでした…

映像もカラフルカラフルクルクル回ってキラキラ輝いて踊って歌って、とまさにエンターテイメントの骨頂って感じで。

正直言ってどこ見たらいいのか分からないくらい映像がすごくて、圧倒されました。

 

あと、物語としてもいろんなところに伏線があり、綺麗に回収されてたなあと。

たとえば、村人が「何を忘れたか忘れた」というのはお城に関する記憶だから消されていたとか。

計算高いなこのこの〜!とディズニーを小突いてやりたい。

 

いやはや、いろんなところで驚いたこの美女と野獣

やっぱり映画館で観るのをオススメします。

大きなスクリーンで素晴らしい音響と一緒に体感するのが、やっぱりこの映画には相応しいと思います。

IMAXで観たいくらいですもん!

 

さて、ここのところ攻めの姿勢を崩さないディズニーさん。

今後も楽しみです!

 

おわり。